Ⅰ/はじめに

21thmidoribunshu_hajimeni

 

生きてゆく。

 

緑のふるさと協力隊として

一年間の農山漁村暮らしを体験した

第21期隊員 33人

 

何が待っているのだろう

どんな出会いがあるのだろう

それぞれの想いを胸に

私達は一歩を踏み出しました

 

受入地域で出会ったのは

その土地に息づく人々

 

農山漁業や道の駅のお手伝い

学校・地域行事や観光イベントの補助

伝統行事の継承…

 

自然に近い場所で暮らしを営む人々の姿を見

一緒に体を動かし

色々な感情を共に味わい

人との関わりの中で濃密な時間を過ごしたことで

生きてゆくことを実感しました

 

任期を終えて

33人はそれぞれの道へ

また一歩踏み出します

 

受入先に留まる者

地元へ戻る者

大学へ復学する者

次の道を新たに探しに行く者

 

受入先を離れても

進路が分かれても

緑のふるさと協力隊として過ごした

この一年間はなくなりません

 

大好きになった地域がある

お世話になった人たちがいる

忘れられない思い出ができた

若者として必要とされた

 

この経験と想いを力に変えて

今度は私たちが生きてゆく番です

まだ見ぬ明るい未来を

私たちの手で築いてゆこう

 

未来を創るのは、私たちだ――。

 

広告